はいはいの練習についてみていきましょう。

通常赤ちゃんは生後7カ月くらいになると、はいはいを始めるとされています。しかし中には、うまくはいはいをすることができない赤ちゃんもいるかもしれません。もしいつまでたってもうまくはいはいを自分の子供ができないという場合には、練習をするようにするといいでしょう。はいはいというのは基本的に、赤ちゃんが自主的に行います。しかしもしなかなかうまくはいはいをすることができない赤ちゃんがいると、自由に動くことができないということで、いらだちを感じている可能性があります。ですから、しかりつけることは、もってのほかです。余計にストレスがたまってしまいます。ですから、はいはいの練習をするときには、赤ちゃんが楽しいと感じることができるように行いましょう。例えば、おもちゃなどを使ってみるといいかもしれません。赤ちゃんの目の前に好きなおもちゃを差し出します。最初はいまいるところから手を伸ばせば届くようなところにおきましょう。すると、両手を使っておもちゃをいじるようになります。そうすることで、片手もしくは両手で、自分の身体を支えるすべを知ることができるようになります。さらに今度は、手を伸ばすだけでは届かない位置におもちゃを持っていくようにしましょう。すると、徐々にはいはいをするようになっていくでしょう。最初はうまくいかずに泣くこともあるかもしれませんが、はいはいをするのに必要な筋肉がついてくると、徐々にできるようになるはずです。

BookMark