あんよについてみていきましょう。

赤ちゃんが人間として成長をするターニングポイントとして、歩くという行為があります。親御さんの中には、早くあんよをしてもらいたいと思っている人もいるかもしれません。しかし焦りは禁物であるということは、絶対に忘れないようにしましょう。赤ちゃんの身になってみましょう。それまではいはいで4本の手足を使って移動をしていたものが、二本足で歩く必要があるのです。これは、大きな環境の変化ということができます。ですから、はじめの一歩というのは、赤ちゃんにとっても勇気がいるものであることは、忘れてはなりません。また両親は、あまりあんよについては干渉をしないほうがいいでしょう。気長に待ってあげることも重要です。どうしてもあんよをしないことが不安というのであれば、近くに保健センターなどがあるかと思われます。そちらに相談をしてみるといいでしょう。

BookMark