湯ざましについてみていきましょう。

赤ちゃんを育てるときに、湯ざましを作ってあげることも、時には重要かもしれません。湯ざましは、例えば暑い夏の日やお風呂に赤ちゃんを入れた後に飲ませてあげるようにしましょう。湯ざましを飲ませることで、汗でなくなってしまった水分を補給してあげることができます。湯ざましの作り方は、シンプルです。水道水を使って5分以上に立たせます。それを今度は覚まして、だいたい30〜40℃くらいのいわゆるぬるま湯の状態にしてあげるのです。冷蔵庫を使って、一気に冷やすという方法もあります。しかし冷蔵庫だと、必要以上に冷えすぎる恐れもありますので、飲ませる約30分くらい前までには冷蔵庫から取り出して、室温くらいまでにもっていくように心がけましょう。湯ざましは、哺乳瓶に入れて、赤ちゃんに飲ませてあげるようにしましょう。中には、ペットボトルの中に入れて飲ませようとする人もいるかもしれません。しかしペットボトルを赤ちゃんに対して使うのは、あまりお勧めできません。ペットボトルの場合、いろいろな物質は湯ざましの中に溶け出す恐れがあります。大人の場合には影響を受けないかもしれませんが、まだ発展途上の状態である赤ちゃんに飲ませると、その溶け出た物質によって、成長に悪影響をもたらす可能性も否定できません。もしものことを考えると、普段から使っている哺乳瓶を使って、飲ませてあげる方が無難ということになるでしょう。また5分程度煮立たせると紹介をしましたが、ここも重要ポイントです。沸騰をしてからすぐに止めてしまうと、カルキが残ってしまう可能性があります。カルキをしっかりと抜くためには、5分程度沸騰をさせる必要があるのです。赤ちゃんが成長をしてきたら、果汁やお茶などを薄めて飲ませてあげるのもいいかもしれません。

川口市の新築一戸建てはネクストの分譲住宅コンシェルジュで決まり

BookMark