離乳食を食べない場合についてみていきましょう。

赤ちゃんがある程度を成長をしてきたら、母乳もしくはミルクではなく、食べ物を与える訓練をしないといけません。最初のうちは、離乳食を食べさせることになります。自分で離乳食を作って与えることもできますし、最近ではいろいろと市販の離乳食も充実してきているようです。ところで、どのような離乳食であっても、赤ちゃんがなかなか離乳食を食べてくれないと悩んでいる人も、少なくないようです。離乳食とは、赤ちゃんからしてみると、未知との遭遇ということになります。ミルクという、それまでは、液体しか飲んだことのない赤ちゃんが、どろどろしているとはいえ、はじめて固形のものを口にするわけです。また、全く今までとは異なる味がするものを食べさせられるわけですから、いろいろと違和感や不安を感じることになるでしょう。場合によっては、離乳食を食べさせたところ、赤ちゃんがそれを吐き出してしまったということもあるかもしれません。最初のうちは、全く知らない味がしたからびっくりしてということもあるかもしれません。しかし繰り返し吐き出してしまうようなことになれば、離乳食に問題があるかもしれません。赤ちゃんからすると噛むことができない、もしくは噛みづらい感じがしているのかもしれません。ですからもう少し柔らかくして食べさせるなどの工夫をすることが重要です。特に母親が自分で作ったものを食べないとか、吐き出すというとショックに感じるかもしれません。また焦ってしまって、強引に赤ちゃんに食べさそうという気持ちになってしまうこともあるかもしれません。しかし赤ちゃんには赤ちゃんのペースがあります。それを理解してあげることも重要です。気長に待ってあげることも、子育てをするときには、時として重要になることもあります。

BookMark