赤ちゃんの便秘についてみていきましょう。

赤ちゃんが便秘になるというケースも、決して珍しいことではありません。赤ちゃんが便秘になってしまう一番多い理由は、ミルクの摂取量が不足をしていることです。ミルクを頻繁に飲んでいるにもかかわらず、なかなか体重が増加をしない、しかも便秘という場合には、ミルクの量が不足をしている可能性を疑ってみるといいでしょう。まずは、調整ミルクを使って、既定の量通りに赤ちゃんに与えてみましょう。そうすると、便秘が解消される可能性は高くなります。中には、上の方法を試してみたけれども、だめだったというケースもあるかもしれません。その場合には、100%の果汁もしくは、やや果汁を薄めたものを与えてみましょう。この方法でも、赤ちゃんの便秘が解消される可能性はあるとされています。また佐藤水を薄めてあげることでも便秘が解消される可能性があります。腸内の発酵の速度が、糖質を与えることで加速する可能性があるからです。もし上で紹介をした方法をいろいろと試してみたけれども、なかなか好転をしないという場合には、医者に行って相談をしたほうがいいかもしれません。もしかすると、腸などに先天的な病気を抱えている可能性が否定できないからです。生まれつき、肛門がふさがってしまっているので、スムーズに排便をすることができないという病気が考えられます。またヒルシュスプルング病といって、通常便が来ると便意を感じるのですが、便意を引き起こす神経がもともとないために便秘になってしまうということもあります。また脳性まひが影響をして、便秘になってしまうというケースもあります。しかし便秘というのは、赤ちゃんにはよく起こることです。2〜3日、便が全く出ないということもありますので、必要以上に心配をすることもないでしょう。

BookMark